モトデブログ

モットデキルと自己暗示し、成長したいブログ

【タイヤ交換】MTBのチューブレスタイヤユーザーは今すぐエアーコンプレッサーを買うべき【まだポンピングで消耗してるの?】

f:id:mottodekiru:20181123185720j:plain
先日MTBのチューブレスタイヤを交換しました、その際手動のエアーポンプでビード上げを試みました、が想像を超える辛さで結局ビードを上げることは出来ませんでした、、、。
そこで車の車載工具にあったエアーコンプレッサーを使用したところ嘘のように楽だったのでMTB乗りの方はぜひ買ったほうが良いですよ。
そんなに高くないですしね。
www.mottodekiru.com


スポンサーリンク

タイヤ交換の神アイテム

・仏式→米式アダプター
・エアーコンプレッサー
・気合いは要らない
以上!

f:id:mottodekiru:20181123185720j:plainf:id:mottodekiru:20181123185723j:plain

これはバルブアダプターが付属していてお得そうです。おそらく仏式→米式ですが確認できませんでした。

この記事の趣旨とずれるのですが、上記のコンプレッサーだとロードバイクには圧力足りないかもです。
ロードバイクユーザーはこういった高圧対応のものが良いでしょう。


MTBやロードバイクのエアーバルブは仏式が主流です。
エアーバルブについて仏、英、米の説明はこちらのリンク。
仏式→米式アダプターがないとエアーコンプレッサーが使えません。エアーポンプにこのアダプターが付属している場合もあります。
もともと米式バルブの場合は必要ありません。

エアーコンプレッサーはMTB使用ならそんなに高圧にしないので車用の安いもので良いと思います。
ロードバイクの場合はよく調べてコンプレッサーを選んだほうが良いでしょう。
ロードバイクの空気圧って車のタイヤより高いの知ってますか?僕は知らなかったです、、、

ビード上げは簡単

電源は車のシガーソケットから取ります。
車を持ってないシティ派の方はAC DCコンバータを用意しましょう。
車持ってても家のコンセントから使えるのでコンバータは便利ですよ。
f:id:mottodekiru:20181123185724j:plain
仏式バルブにアダプタを取り付けて
f:id:mottodekiru:20181123185725j:plain
エアーコンプレッサーをセット!ターン終了!ではなくスイッチをポチッとな、、、
f:id:mottodekiru:20181123185726j:plain
ヴーーーーーパン!パン!とすぐに両側のビードが上がります!
f:id:mottodekiru:20181123185727j:plain
あとは必要に応じてシーラントを入れて
f:id:mottodekiru:20181123185725j:plain
再度僕のターン!ぽちっとな。
f:id:mottodekiru:20181123185732j:plain
もう空気パンパンなの。


いやー簡単すぎてビビりますね。
MTBチューブレスのタイヤ交換方法(ビード上げ)を調べると、
「ビードとホイールの隙間から漏れる空気量よりポンピングの空気量が多くないと」
「空気が多く漏れる箇所を下にして押さえて」
「とにかく鬼ポンピング、気合」

こんなことが書いてありますが、僕には無理でした、、、
今は21世紀!僕は文明の利器に頼ります(鬼ポンピングできる筋肉無いヒョロガリ)
というかコンプレッサーと仏米アダプタ合わせて2000円しません、この労力を考えたら即買いですよ!奥さん!
ビード上げ以外にも車、ボールなど日常の空気入れにも使えて便利ですよ。

というわけでエアーコンプレッサー超便利なお話でした。
もうちょっと続きます。

手動加圧式エアコンプレッサーという方法もあるが

タンクに空気をためて一気に放出してビードを上げる手動加圧式のものも最近は多いです。
しかしこちらはあくまで一気に空気をいれるため、ビード上げに特化しておりその分重いです。
そして高いですね、価格は8000円〜でしょうか。
このメリットは電源のない場所でビードが上げられるのですが、携帯性にかけます。
中には空気タンクが外せたり携帯に便利なものもありますが、魅力がよく分からないです、、、
自宅じゃない場所(電源が取れない)でビードを上げるためでしょうか?

トレイルツーリングの際は予備チューブと携帯ポンプで良いんじゃあないかと、、。
予備チューブも使用時はシーラントで汚れてしまい後処理がめんどくさいですが、
そもそも僕はMTBでトレイル走ってパンク未経験。かなり低圧で乗っていますがいまのところパンクしたことはないのです。(体重軽いのもありますが、1Barいかないくらいです)

ここでチューブレスMTBトレイルでのパンクをシュミレーションしてみることにします。(ゲレンデで遊ぶ場合はすぐに処置でき、基本的に電源も取れるし道具もあると思うのでそんなに考えなくても良いかなと。)

シーラントで塞がるような小さなパンク

空気が漏れた分だけ携帯ポンプで空気をいれれば良いでしょう。走って自然と塞がるのを待ちます。

シーラントで塞げないような大きいパンク

チューブレス用パンク修理キットを使い修理、携帯ポンプで空気を入れます。タイヤは外さないで修理するのでビードの外し、ビードの上げは必要ありません。
・予備チューブを入れる方法
ビードを外す必要がありますが、手で外れるので問題ありません。ビードの上げの必要性ですが、中にチューブを入れるのでそこまで必要ないと思われます。応急的に走行できる分だけ空気をいれれば良いでしょう。

このように手動加圧式エアコンプレッサーを使う意義がいまいち分からないのです。誰か知っていたら教えてほしいです。無知ですみません、、、。