モトデブログ

モットデキルと自己暗示し、成長したいブログ

【登山靴】スカルパ シャルモ プロ GTX購入

f:id:mottodekiru:20190106155649j:plainf:id:mottodekiru:20190106155650j:plain

僕が使っている登山靴は8、9年前にABCマートで買ったGT Hawkins(ホーキンス)のトレッキングシューズです。
これがまさにトレッキングシューズで本格的な登山にはあまり向かず、そもそも登山靴って呼べるのか?ってな具合。
当時は軽い気持ちで登山してみようってなり何も調べないでノリで買ってしまったわけです。


でもこの靴といろいろな山に行きました。
瑞牆、金峰、富士山、大菩薩嶺などいろいろな山に行き、山の素晴らしさを教えてくれました。


その後オフロードバイク遊びを始めるのですが、まだオフロードブーツを持っていなくてこの靴で初めての林道遊びに出かけ、オフロードバイク危ねえ〜ってなり(転んでバイクと地面に挟まれたり石が当たって痛い)
すぐにオフロードブーツ買ったのも良い思い出。(今はバイクを降りました…)


そして少し登山から離れ、数年たち最近また少しずつ山へ行くようになりました。
最近行った十二ヶ岳と乾徳山はなかなか岩場があり、この靴ではあまりグリップしないし、ソールが薄く地面の突き上げはすごいわでちゃんとした登山靴の購入をもやもや考えていました。

しかし登山の回数は今の生活スタイルだと年に3回位なので購入に踏み切れなかったのです。


そして年が明け、福袋ついでに石井スポーツで登山靴を物色しました。
2019年 Mt.石井スポーツ福袋 GREGORY ライフスタイル15,000円 - モトデブログ


f:id:mottodekiru:20190106154904j:plain
LA SPORTIVA(スポルティバ)のデザインが好きで最初に試させていただきました。
とりあえず目についた3シーズンから冬の低山まで行けそうなやつを試します。

ちなみに僕の足は典型的な日本人足、「幅広甲高」です。

噂には聞いていましたが、案の定スポルティバの靴は細身の足用。
僕の足にはフィットしませんでした。くそー

そんで店員さんに僕の登山歴や幅広甲高コンプを説明し、次にステップアップ出来るおすすめの靴を聞きます。


f:id:mottodekiru:20190106154905j:plain
SCARPA(スカルパ)のカイラッシュGTX  リンク、画像はカイラッシュライトです。
軽登山靴としての評判が高いベストセラーモデルです。
履いてみると良い感じのフィット感。幅広の足に合います。
同じイタリアのメーカーなのにこんなにも違うものですね。

でもね、

サイズ感は良いのですが、デザインがあと少しくるものがあれば…悪くは無いのですが、もう少し垢抜けたデザインが好きなのですw

とりあえず購入はせずに帰宅して情報収集します。


フィット感が良かったのでスカルパの登山靴を調べてみました
僕の欲しそうなのはここらへん

f:id:mottodekiru:20190106154905j:plainf:id:mottodekiru:20190106154906j:plain
f:id:mottodekiru:20190106154907j:plainf:id:mottodekiru:20190106154909j:plain

もはや間違い探しですw
オレンジが多いほうが値段が高い=よりゴツイ
すべてゴアテックス。


カイラッシュライト ライトトレッキングブーツ 冬は厳しそう
クリスタロ ハイエンドトレッキングブーツ 冬の低山はとりあえずOK
シャルモプロ 合皮性マウンテンブーツ 冬の低山OK
トリオレプロ 革製?テクニカルマウンテンブーツ より冬山に対応するがシャルモより重い

僕は夏より冬のほうが休みが取れ、山に行けるので冬の低山OKなやつが良いです。

そうなるとクリスタロかシャルモか?
シャルモが人気みたいですね。

「あんま山行かないかもだから中古でも…」

ヤフオクで探してみると、

「ちょうど良いサイズのシャルモあるやんw」

けれど一つ前のモデルみたいです。

「むしろ一つ前のモデルのデザインのほうが好き…」

f:id:mottodekiru:20190106154908j:plainf:id:mottodekiru:20190106154907j:plain


シャルモプロ2014もGTXです。記入ミスです。
そうなんです、現行モデルはオレンジが多いのですが、一つ前のモデルはオレンジはあるものの、そこまで主張しすぎない感じが良い!!!
現行モデルもかっこ良いのですが、控えめな性格の僕は

「あまり目立ちたくない(垢抜けたデザインが好きと言っておきながら)」

「主張しすぎないからウェアも合わせやすい!」

などと理由を付けます。(だって安いんだもん…)

まさに運命の出会いでした。ポチッとな。



いざ到着!!

f:id:mottodekiru:20190106151958j:plainf:id:mottodekiru:20190106151959j:plain
f:id:mottodekiru:20190106152000j:plainf:id:mottodekiru:20190106152001j:plain

想像通りのカッコよさです。
重量は片足798gです。(サイズ44)
思ってたより使用感がありましたが中古なのでしょうがないです。

早速裏山で試してきました。

まずフィット感。幅広の足でもきつくなく、踵もピタッと吸い付くようです。

f:id:mottodekiru:20190106152002j:plain
ソールが厚く、クライミングソールを使用しているのでグリップ力があります。
また、ソールが硬いので写真のようにつま先だけで岩の上に立つこともできました。

ソールの厚さ、硬さと関係していると思いますが、地面からの突き上げ感は基本的に無いです。トレッキングシューズとは疲労感が全然違います。
トレッキングシューズが500g行かない程の重さでした、シャルモプロはプラス300gと重量増ですが、こちらのほうが登山での疲労は少なそうです。

またトレッキングシューズだと石などの硬いものを避けて歩いていましたが(足裏に衝撃があり疲れるため)、シャルモプロでは硬いものを踏んでも耐衝撃性があるので気になりません。


1時間ほど歩いてみましたが、足首にも違和感を感じることもなく非常に良い感じの登山靴でした。
中古品で馴染んでいるのもあるのかも??

ちょっと履いただけで分かる快適さ。
こんなんだったら最初から本格的な登山靴買えば良かったと少し後悔しますね。

次の山行はまだ未定ですが、楽しみです。早く山行きたい!